ホーム > 製品情報 > シート厚み測定機

シート厚み測定機

オンライン厚み測定機とは、下図のように押出機(左)等の成形シート製造装置から連続して流れてきたシートを、幅方向↑↓にシート厚み測定ヘッド部を往復動作させながらリアルタイムで厚みを計測する測定方法の事をいいます。

シート厚み測定機


シート厚み測定機の2パターンの仕様が選択可能

 シート厚み測定機(一体型タイプ)

タッチパネル操作制御盤・一体型タイプ

シート厚み測定機 タッチパネル操作制御盤・一体型タイプ

シート厚み測定結果情報が表示するタッチパネルを制御盤扉面に組み込んだ一体仕様になります。
厚み測定結果を装置付近でのみ確認する場合はこのタイプを、お選び下さい。




 シート厚み測定機(別置き型)

タッチパネル操作盤・制御盤・別置き型タイプ

シート厚み測定機 タッチパネル操作盤・制御盤・別置き型タイプ

シート厚み測定機 タッチパネル操作盤・制御盤・別置き型タイプ

シート厚み測定結果情報が表示するタッチパネルをキャスター付の盤を別途製作し上流側にあるT台(ダイス)付近に移動させて厚み測定結果を確認したい場合はこのタイプをお選び下さい。T台リップ調整を手動で行う場合に適しています。




シート厚み測定機 製品仕様


測定材質 非導電性プラスチック、ゴム、PVC、PET、PP、PSなど
測定厚み範囲 0 〜 1 mm
測定精度 ±0.0025
測定幅 100 mm 〜 3000 mm
ライン速度 200 m/分以下
センサ走査速度 25 mm/秒
測定ピッチ 3 mm
シート通過隙間 4 mm
周囲温度変化 ±1℃、0℃〜40℃
シート温度 50℃ 以下
質量 約 800 kg ※(計測幅1200 mmの場合)
電源 3相 200/220 V、50/60 Hz、2.5 kVA 以下


シート厚み測定機 製品特徴


シート製造中に全幅計測
1. センサがスキャンニングして全幅計測
2. シートの厚みを往路、復路でグラフ表示します。又特定位置での停止計測も出来ます。

操作が簡単
1.免許、許可が不要
2.検量線の作成は不要
3.シートを流し、スイッチを押すだけで全幅自動計測

一目でシートの状態が判る。
1.専用カラーモニタ又グラフィック操作パネルに厚みのトレンドグラフ、最大値、最小値、平均値、標準偏差を一画面に表示

材質、色、柄などの影響は受けません。
1.透明、色物、金属蒸着などにも影響を受けません。
2.発泡、多孔質のシートにも適している。

自動厚み監視機能
1.シートの厚みが基準設定値より越えると、自動厚み監視機能により、アラームで告知するとともに、その内容を画面に表示します。


 

ページトップへ